タグ別アーカイブ: ボルドー

シャトー・オー・ブリオン ワイナリー訪問Chateau Haut Brion

Chateau Haut Brion
シャトー・オー・ブリオン

ボルドー・メリニャック空港からも
ボルドー市街からも
約20分という距離に位置する
メドック格付け1級シャトー。

VISIT用のパーキングに車を置き、
扉の横のインターホンを押して

R0102673 (960x1280)

予約の旨を伝えると、中に招かれます。

一足踏み入れると、

R0102671 (960x1280) シャトー・オー・ブリオンの
歴史、威厳を感じる世界

R0102678 (960x1280)

装飾品も素敵です。

R0102680 (960x1280)

まずは2階に上り
こちらのお部屋でビデオ鑑賞。

R0102681 (960x1280)

シャトー・オー・ブリオンの歴史を辿る
とても立派なビデオです。

シャトー・オー・ブリオンは
5大シャトーのひとつとして有名ですが、
実は2つの格付けを持っています。

メドック格付け1級
(5大シャトー)
②グラーヴ格付け

①の格付けはメドック地区のワインに限られていましたが、グラーヴ地区(ペサック・レオニャン)にあるシャトー・オー・ブリオンは、
例外で1級に格付けされました。

ビデオ鑑賞が終わると
階段を下り

R0102682 (960x1280)

模型を囲み

R0102683 - コピー (844x1280)

シャトー・オー・ブリオンと
シャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオンの
場所や畑について説明があります。

シャトー・オーブリオンと道を挟んだ場所にある
シャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオンは
以前はライバルでしたが、
1983年にシャトー・オーブリオンが
取得しました。

ここから場所を移動して


ワイン醸造所へ。

[ ワイン醸造所 ]

赤ワイン用の発酵タンクは
ステンレス。

R0102689 (960x1280)

ステンレスタンクは、タンク内の温度調整を
上手くできる点が、特に優れています。

シャトー・オー・ブリオンのタンクの真ん中は
斜めの板で仕切られていて、
上下が分かれています。

このような感じです。↓
(こちらは模型です)

R0102683 - コピー - コピー (1255x1280)

こちらは下記のように役割も分れています。

・上部:発酵・醸し(約2週間)

・下部:マロラクティック発酵

この段階を経ると、ワインはさらにまろやかで
バランスのとれたものに変わっており、

シャトー・オー・ブリオン
ブレンドするのに適してるかどうかを判断し、
適さないものは
セカンドワイン
ル・クラレンス・ド・オー・ブリオン )
へ。

[ 貯蔵庫 ]

こちらの画像はありませんが、

シャトー・オー・ブリオン
18~22か月
新樽を80%使用して熟成させます。
(生産量:10,000-12,000ケース)

 ル・クラレンス・ド・オー・ブリオン
(セカンドワイン)
も同様に18~22か月熟成させますが
20-25%と新樽率が変わります。
(生産量:5,000-7,000ケース)

次は外に出て

樽製造所へ。

[ 樽製造所 ]

hautbrion樽6 (960x1280)

ボルドーの中で
シャトー内に樽製造所があるのは

 シャトー・ラフィット・ロートシルト
シャトー・マルゴー
シャトー・スミス・オー・ラフィット
 
そしてこちらの
シャトー・オー・ブリオン

hautbrion樽3 (960x1280)

シャトー・オー・ブリオンでは
樽製造で有名な
Seguin Moreau社に委託し

R0102707 (960x1280)

1991年からこちらで
樽を作ってもらっているそうです。

hautbrion樽 (960x1280)

手際よく、樽を作っていらっしゃいます。

hautbrion樽4 (1280x960)

樽の内側を焼くときは
このようにして焼くんですね。

hautbiron樽 (960x1280)

こちらでは1日5個の樽を作っているそうです。
これはとても多い数だとか。

hautbrion樽7 (960x1280)

今作られている樽が、シャトー・オー・ブリオンを熟成させるためのものだと思うと、感動です。

hautbrion樽5 (960x1280)

[ ヴィンヤード ]

葡萄畑hautbrion (1280x960)

ブドウ畑の広さは51haあり、3haに白ブドウ、48haが黒ブドウが植えられています。

 ・白ぶどう3ha:
セミヨン52.6%、ソーヴィニョン・ブラン47.4%

 ・黒ぶどう48ha:
メルロー45.4%、 カベルネ・ソーヴィニョン43.9%、 カベルネ・フラン9.7%、 プティ・ヴェルド1%

葡萄2hautbrion (960x1280)

2015年、今年の白ブドウの収穫は
すでに始まっていましたが(8月31日より)
黒ブドウはもうすぐ、という時期でした。
(黒ブドウは、9月8日から収穫が開始されたそうです。)

葡萄hautbrion (960x1280)

粒がまるまるとしている、
収穫直前、9月初めの葡萄。

葡萄畑2hautbrion (960x1280)

更新世という 地質時代(第四期ギョンツ氷期)に堆積され、小さな石や様々な種類の鉱物で構成されています。

それは、近隣の川底から40~50フィート(12m~15m)にも上る丘になっています。

下層土は、粘土質と砂質です。

樽製造所を後にし、ここからは、お隣のシャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオンへ移動です。

シャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオン
ワイナリー訪問


シャトー・オー・ブリオンHP

http://www.haut-brion.com/en/

レ・スルス・ド・コーダリー☆シャトー・スミス・オー・ラフィットHotel

皆さま、こんにちは。

フランス・ボルドー地方のホテル

Les Sources de Caudalie
レ・スルス・ド・コーダリー

R0102443 (1280x960)

こちらは、ペサック・レオニャン村に位置し、格付けシャトーである

Chateau Smith Haut Lafitte
シャトー・スミス・オー・ラフィット

が1999年にシャトー(ワイナリー)の横に設立した5つ星ホテルです。

R0102371 (1280x960)

18世紀のシャルトル派の修道院を改修したというこのホテルは

センス良く、木の温かさを感じる空間です。

こちらには2つのレストランと、2つのBarがあります。

La Grand’Vigne 』は
ミシュラン2つ星のレストラン、

La Table du Lavoir 』は
少しカジュアルなレストラン、

心が躍ります♪

玄関には可愛い花がお出迎え♪

R0102950 (960x1280) R0102951 (1280x960)

振り返ると、ブドウ畑が広がっています。

R0102452 (1280x960)

(こちらのシャトーにはアート作品が点在しています)

フロントは吹き抜けになっていて、気持ちの良い空間。

R0102938 (960x1280)

中庭にも可愛らしいお花が咲いています。

R0102943 (1280x960)

そしてお部屋からは、湖が望め綺麗な景色が。

R0102494 (1280x960)

右側のガラスハウスが2つ星レストランです。

朝食も同じ場所なのですが、ほとんどの人がその前の白いパラソルのテラス席で楽しんでいました。

そして左手には
SPAとプール、ブドウ畑が望めます。

R0102330 (960x1280)

お部屋には葡萄がプレゼント♪

R0102325 (960x1280)

 到着してすぐの、こちらの心遣いは嬉しいですね♪

とても甘くて美味しく、この時期の訪問はとても素敵だなぁとしみじみ。。

こちらのホテルには、プールが3つあります。

1つ目は、部屋から見えていた外にあるプール

R0102353 (960x1280)

部屋からこちらのプールに行くまでに

ビリヤードがあったり

R0102363 (960x1280)

自由に使えるラウンジがあります。

R0102361 (960x1280)

そして2つ目は
室内にあるプール

R0102903 (960x1280)

プールの底にアーティストの作品の写真がある、小さめの素敵なプールです。

こちらに行くまでには外をブラブラしながら♪

R0102895 (1280x960)野菜やハーブなどを育てている、小さなガーデニングがありました。

そして最後はSPAにある

ジェットバスの付いたプール

R0102356 (960x1280)

ボタンを押すと出る泡の 勢いがすごいですが、

SPAの後にのんびりできます。

そしてこちらに行くまでのホテル内廊下には、可愛い装飾が。

R0102359 (960x1280)

R0102360 (960x1280)

ホテル内はどこにいても、ホッとする心地よい空間です。

こちらのホテル
Les Souces de caudalieまでは

パリからだと

エールフランス航空で約1時間
(オルリー空港→ボルドー・メリニャック空港)

そしてボルドー空港から

車で約30分ほどの距離です。

ホテルの横に位置する
シャトー・スミス・オー・ラフィットのワイナリー訪問は、宿泊者だけでなく日帰りでも楽しめるようです。

また、2つのレストランは
どちらもお料理、ワイン共に素晴らしく、
また是非訪れたいと思うホテルでした♡

Les Souces de caudalie

レストランについては、また後日upしたいと思います。

ワイナリー訪問の記事はこちら

Chateau Smith Haut Lafitte訪問

シャトー・スミス・オー・ラフィット☆ワイナリー訪問

 Chateau Smith Haut Lafitte
シャトー・スミス・オー・ラフィット

R0102229 (960x1280)

フランス・ボルドー地方
ペサック・レオニャン村の
格付けシャトー。

R0102318 (960x1280)

こちらでは、いくつかのワイナリーツアーが用意されていますが、
今回は一番手軽な1時間コースを。

R0102235 (1280x960)

ワイナリーとは思えないほど綺麗で、どこか可愛らしさを感じるシャトーです。

まずはvisit用の棟に行き

R0102244 (960x1280)こちらでツアーが始まるのを待ちます。

R0102239 (1280x960) (2)

こちらでは様々なヴィンテージのワインや

R0102241 (1280x960)

ソムリエナイフ、ガラス栓などのグッズが販売されています。

R0102314 (960x1280)

2009年は偉大な年なので、他ヴィンテージに比べ高いお値段です。(ロバート・パーカー氏が100点をつけました)

R0102242 (960x1280)

[ 樽製造所 ]

まずは樽を製造している場所を見せてくれます。

ボルドーの中で
シャトー内に樽製造所があるのは

 シャトー・ラフィット・ロートシルト
シャトー・マルゴー
シャトー・オーブリオン
そしてこちらの
シャトー・スミス・オー・ラフィットとのこと。

数少ないシャトーのひとつです。

樽を作る木材を約2年、外で乾燥させ、

樽の内側の焼き加減にも細心の注意を払い
伝統的な製法で作っています。

トロンセ産とジュピエ産などのオークを
使っているとのこと。

R0102249 (960x1280)

樽の内側の焼き(トースト)は、ワインのフレーバーに影響するので、とても大切ですね。

こちらでは、1年で450樽が作られますが
これは必要数の3分の2の数です。

残りは他のところから買っているそうで、これは自社樽とのテイストの違いを比較するためにも続けているようです。

そして、場所を移してワイン醸造所へ。

R0102253 (1280x960)

[ ワイン醸造所 ]

白ワイン用の白葡萄はもう収穫が始まっているとのこと。

こちらは白ワインの圧搾機です。

R0102265 (960x1280)

さて、赤ワイン用には

R0102263 (960x1280)

80ヘクトリットルの木製タンクが
ずらりと並びます。

黒ぶどうを皮のままこちらのタンクに入れて
約4~7週間ほど発酵と果皮浸漬を行います。

R0102270 (960x1280)タンク内

そして、次はワインを熟成させる為のセラーへ。

[ 貯蔵庫 ]

こちらでは白ワインが熟成されています。

R0102254 (960x1280)

10~12か月、澱と共に50%新樽で熟成されます。

これでバニラやトーストのニュアンスが与えられ、複雑でコクのある白ワインになるんですね♪

そして場所を移し

R0102252 (960x1280)

赤ワインが熟成されているセラーへ。

R0102293 (960x1280)

赤ワインのセラーの方が、樽の香りと赤ワインの香り、そしてセラー特有の香りが混ざり、
ワインがここで眠っている!と強く感じます。

赤ワインは16~18ヶ月ほどこちらの樽で
熟成されてボトリングされます。

清澄は、ほぼしないとのこと。

R0102289 (960x1280)

そして赤ワインのセラーの端には
壁の代わりに地層の断面になっている場所が。

R0102292 (960x1280)

シャトー・スミス・オー・ラフィットは
第四紀のギョンツ氷期の地層があります。
40~80万年前ほどの氷河期です。

この石灰質の下層土に沖積層や砂利混じりの土が堆積しています、

シャトー・スミス・オー・ラフィットは砂利の多い土壌でとても水捌けが良く、葡萄は水分、養分を求めて6mも深く地中に根を伸ばすとのこと。

そういえば、ブルゴーニュ地方の造り手PONSOT(ポンソ)もセラーの壁の一部を同じようにしており、地層の断面を見せて下さったことを思い出しました。

階段を上って、次はテイスティングルームに移動です。

R0102296 (960x1280)

[ テイスティングルーム ]

光がよく入る、とても綺麗な
テイスティングルームです。

R0102299 (960x1280)

シャトー・スミス・オー・ラフィットの土壌は、このような石で構成されているのですね。

R0102298 (960x1280) (2)

今回のテイスティングは2種類。

R0102310 (960x1280)
(宿泊者の無料のツアーは、2種類ですが、5種類のツアーもあるようなので、それは予約時に問い合わせてみると良いと思います。)

[ 白ワイン ]

2013
LES HAUTS DE SMITH BLANC
レ・オー・ド・スミス・ブラン

R0102303 (960x1280)

フレッシュで柑橘系、ハーブの香りが
楽しめます。

こちらのセカンドワインは、
2008年からソーヴィニョン・ブラン100%で造られています。

熟成したヴィンテージを飲んでみたいですね♪

[ 赤ワイン ]

2012
CHATEAU SMITH HAUT LAFITTE
シャトー・スミス・オー・ラフィット

R0102307 (960x1280)

黒果実の果実感は出ていますが、まだ若々しく。

グラスを覗きながら、10年は熟成させたいなぁ、と思いました。

どちらも新しいヴィンテージですが、
スミス・オー・ラフィットのエレガントさを感じました。

[ ヴィンヤード ]

R0102509 (1280x960)

ワイン畑の中に、アート作品が点在しています。

R0102374 (1280x960)

R0102452 (1280x960)

畑の中を覗くと、

R0102320 (960x1280)

美味しそうな葡萄が♪

収穫直前なので、葡萄の粒はしっかりと色づいていました。

そして足下を見ると、小石がゴロゴロ。

砂利の多い土壌と言われる通りですね。

R0102423 (960x1280)

土壌には、雑草が生えています。

シャトー・スミス・オー・ラフィットは

 化学肥料などを使わず
オーガニックの堆肥を使用
馬での耕作行う

など、自然を尊重した葡萄栽培を行っています。

コーダリーの化粧品やSPAもこの葡萄が使われているので、嬉しいポイントです。

 そしてこちらの畑には、とても綺麗な黄色の薔薇が咲いています。

R0102510 (960x1280)ワイナリーでは、葡萄の状態のバロメーターとして、ぶどう畑に薔薇が植えられています。

R0102434 (960x1280)

薔薇もイキイキとしています。

ワイナリーツアーの予約は、こちらのHPにあるメールアドレスに希望日時やツアー内容を送信すると、良いと思います。


Chateau Smith Haut Lafitte
ワイナリー訪問